福祉用品の通販ならこのWEB!福祉用品の参考比較会議室

総合ランキング

アイケアショップ
総合評価★★★★★
ももの実
総合評価★★★★☆
セレモニアグループ
総合評価★★★★☆

home > 福祉用品について > スベりや転倒防止に役立つ浴槽の手摺り

スベりや転倒防止に役立つ浴槽の手摺り

 今の住宅にはほぼ浴室がついています。浴室には、浴槽と洗い場があり、どちらにしても水が床や壁に飛び散ります。キッチンやトイレも水回りですが、浴室よりも水が飛び散ることはありません。水を流しやすくなる構造が必要なため、段差があったり、タイル素材などが使われることが多くなります。
 筋力がそれなりにある年代であれば簡単に転倒をすることはありませんが、ちょっとしたことで転倒してしまうことがあるかもしれません。転倒自体は若い人でもあるでしょうが、高齢者が転倒すると骨折になりやすいので注意しないといけません。転倒をしない仕組みが必要です。

 そこで、福祉用品として浴槽の手摺りの取り付けを検討してみましょう。手摺があれば、常にそちらを持って浴槽の中で移動ができます。転倒しかけたとしても、手すりがあるおかげで転倒防止になります。
 転倒することが無ければ、骨折などのけがをしにくくなるので、健康を維持することができます。いいことづくめですが、ではどのように手摺を付けるかです。一般の家庭には手摺がありませんが、それは邪魔だからです。決して広くない部屋に無用に手摺を付けると部屋が狭くなります。
 浴室にも、意味なく手すりを付けても逆に邪魔になってしまうので注意が必要です。

 まずは、利用者の動線をチェックします。お風呂に入るときにどんな順序で入るかです。そして、座ったり建ったりするところがあれば、そこに取付けるようにします。浴槽には座って入るでしょうから、必ず出入りがしやすいところにつけます。
 浴槽によっては中に取付けているものもありますが、外の部分にも取付けます。浴槽に入るときは、まず洗い場から浴槽に足を入れます。この時に片足になりふらつきやすくなります。それを防ぐために、入るときの補助になるところに取付けます。
 持ちながら浴槽に両足を入れ、その後浴槽に座るときに補助になるように手摺を付けます。つまりは、浴槽周りには少なくとも2本の手摺があると良いでしょう。浴槽の中で立ったり座ったりするときのために複数本用意することもあります。一般的には、浴室に足を入れるときは縦のタイプにします。
 両手で持って、片足ずつ入れます。そして浴槽と並行の手摺を持ちながら少しずつ腰を下ろします。立ち上がるとき、出るときも同じです。立ち上がるときは、高さが異なるため、平行になるタイプの他に縦のタイプもあると良いかもしれません。入るときの手摺はしっかり握れる太さ、立ったり座ったりするときの手摺は体をしっかり支えられる太さのものを使います。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP