福祉用品の通販ならこのWEB!福祉用品の参考比較会議室

総合ランキング

アイケアショップ
総合評価★★★★★
ももの実
総合評価★★★★☆
セレモニアグループ
総合評価★★★★☆

home > 福祉用品について > 福祉用品の場合はその多くが介護です

福祉用品の場合はその多くが介護です

福祉用品の場合、その多くが介護の目的の用品が多いです。
まずは車椅子です。
そして次にベッドと言う事になります。
ただ車椅子の場合は、介護される方の介護レベルにもよります。
そのために必ずしも一般的な車椅子と同様に使用されると言う訳ではなく、中には、出来るだけ寝ている状態に近くするためにもリクライニングタイプのものとして使用される椅子もあります。
リクライニングチェアと同じようなタイプの車椅子と言う事になります。
そしてベッドです。
このベッドの場合は通常であれば寝るためのものですが、福祉用品として使用用途があると、ベッドで過ごす事が多い高齢者の場合には、腰から上の部分、そして膝の部分が可動出来るようになっています。
つまりは夜寝る場合は、そのまま平面上で、そして幾らか頭の部分を上げた状態です。
そして日中はリクライニングタイプで過ごすことが出来るように工夫されています。



福祉用品の中の介護を目的とする場合です

福祉用品の中で、やはり一番多い系統であるのが介護の分野です。
車椅子があれば、ベッドがあります。
以前であれば、車椅子も単に乗って移動出来れば良いと言う目的のものであったのが、近年では、高齢者を介護する側に、そして利用する側にとっても可動性が工夫されていると言う側面があります。
しかも通常の車椅子以外にも、リクライニングタイプの車椅子も製造されていると言う時代です。
ベッドの場合は、通常では平面タイプですが、殆ベッドで一日を過ごす高齢者のために、少しでも身体が動けるようにと、腰の部分の膝の部分が上下に可動出来るように工夫されています。
そしてその他の用品としては、高齢者でも歩けるようにと、その時に使用できる杖や歩行器なども工夫されています。
つまりは使っていて転倒する事のないように工夫されていると言う事になります。



福祉用品にも様々ありますが介護分野です

福祉用品の最たる種類としては介護の目的に使用されている用品が多いです。
ベッドがそうです。
介護の施設にあるベッドの場合は、腰の部分と膝の部分が上下に可動出来るタイプのものがあります。
そのために日中ではリクライニングスタイルで過ごす事が出来、夜にはぐっすりと眠れるように出来るだけ平面状態で睡眠が取れるように出来ています。
しかも、そのスイッチもコード式で、利用している人が自分で操作できるようにも工夫されています。
その他にあるのが車椅子の類です。
こちらも折り畳めるように工夫されていて、他にも足のフットペダルは横に動かしたり、取り外せるように出来ています。
そして肘掛の部分も前側から後ろに外せるように、介護する目的と利用する本人のために動きやすく、また使いやすくするための工夫が成されていると言うのがあります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP