福祉用品の通販ならこのWEB!福祉用品の参考比較会議室

総合ランキング

アイケアショップ
総合評価★★★★★
ももの実
総合評価★★★★☆
セレモニアグループ
総合評価★★★★☆

home > 福祉用品について > 車椅子を購入するときに覚えておきたいポイント

車椅子を購入するときに覚えておきたいポイント

 歩行が困難になったとき、それを補助する福祉用品として車椅子があります。最近は電動式のものもあり、障害を持っている人でも自由に外出できるようになりました。では、高齢者が利用する時にはどんなタイプを選んだらよいかです。
 高齢者でも電動式を選ぶことがありますが、一人で出歩くのは危険な場合も多いです。介助者が付くことも多いので、あまり利用することがないかもしれません。まだ自分で歩くことができるが少し使いたいのであれば最低限の機能が付いているものにしましょう。
 自走式と呼ばれるタイプなら、自分で前進などをすることができます。

 自走式にもいくつか種類があり、選ぶときのポイントになります。自分で操作することが多いか、介助者に押してもらうことが多いかによって異なります。介助者に押してもらうことが多いなら、介助者が操作しやすい方が良くなります。手で持って押すことになりますが、その部分にブレーキがついているタイプがあります。こちらであれば、何かがあったときでもすぐにブレーキをかけることができます。
 ただ、ブレーキが付いていると価格が高くなります。あれば便利なブレーキですが、必ずしもついている方が良いわけではないので、選択するときに注意が必要です。

 介助者が操作することが多い場合、自走のためのハンドリムのないタイプを選ぶことがあります。タイヤが小さいタイプです。タイヤが小さくなると、その分軽くなり操作性も良くなります。また、ブレーキなども効きやすくなりハンドグリップタイプなども選ぶことができます。
 タイヤが小さくなることで、車などへの積み込みも行いやすくなります。タイヤが小さくなるとどんなタイヤが良いかも変わってきます。小さいタイプのタイヤにはノーパンクタイプのタイヤがあります。樹脂が詰まっているタイプで、パンクの心配がありません。永久に使うことができます。
 購入の時に気を付けないといけないこととしては座幅があります。痩せている人なら大抵の車椅子は普通に乗ることが可能です。しかし、横幅が広い人、体格のいい人はそうはいきません。ワイドタイプが用意されているので、そちらを選ぶこともあります。
 さらに広いタイプも利用することが可能です。購入する時には、必ず実際に使い心地を確かめるようにします。福祉用具を販売しているところなら、試用させてくれるところもあります。一通り使ってみて、乗り心地が良いもの、操作性が良いものを選びます。安いものではないので、簡単に買い換えることはできません。

カテゴリ

PAGE TOP